コピペでOK! LINEの写真をGoogleDriveに瞬間保存!

超アナログパパ 写真をGoogleDriveに保存するLINEBotを作る

こんにちは! 2人娘のパパ おきなかがいこつ です!

「かわいい娘たちのベストショット。埋もれる前にLINEから簡単にGoogleDriveに保存したい!!」

数か月前はプログラミングの知識ゼロでしたが、色々な記事を参考に完成までこぎつけました。
写真が残るんです! という機能から「のこるん」という名前でLINEbot(LINE公式アカウント)をつくりました。

今回は私と同じ『超初心者』の方向けに、「のこるん」の作り方を解説します!
丁寧に順を追うので、一緒に作ってみましょう( `ー´)ノ

完成イメージ

友達登録したLINEbotに画像を送ると、「保存完了!」という自動返信メッセージの後、
GoogleDrive内に画像が保存されます!!

 

参考にする動画・記事など

①Google Apps Script (GAS) でLINEに送った画像をドライブに保存(動画)

②LINEで送った画像をGoogleドライブに保存するメモ(記事)

前提

①Googleアカウントを持っている
LINE Developersにログインできる
③Windows10以上推奨(スマホ作成不可)

スプレッドシートの準備・コードコピペ

まずは自分のGoogleアカウントでログインし 下記サイトにアクセス
新しいスプレッドシートを作ります
https://docs.google.com/spreadsheets

タイトル:『画像保存シート』
A1~E1 :  左から順に id プロフ画像 名前 写真 タイムスタンプ

拡張機能→Google Apps Script

タイトル:画像保存LINEBot に変更
function~ 記入してある文言は全て削除

削除した箇所に 下記をそのまま全てコピーして貼り付け

// 応答メッセージURL
const REPLY = "https://api.line.me/v2/bot/message/reply";

// アクセストークン
const ACCESS_TOKEN = "記入①**********************";

// スプレッドシート情報
const SHEET_ID   = '記入②**********************';
const SHEET      = SpreadsheetApp.openById(SHEET_ID).getSheetByName('シート1');

// Google Drive ID
const GOOGLE_DRIVE_ID = "記入③**********************";

// LINEから送られてきたデータを取得 doPost()
function doPost(e) {

  //メッセージ受信
  const data = JSON.parse(e.postData.contents).events[0];
  //ユーザーID取得
  const lineUserId = data.source.userId;
  // リプレイトークン取得
  const replyToken = data.replyToken;
  // 送信されたメッセージの種類を取得
  // https://developers.line.biz/ja/docs/messaging-api/message-types/#sticker-messages
  const postType = data.message.type;

  // 写真の時
  if ( "image" === postType ) {
    imageSave(replyToken, lineUserId, data);
  } else {
    sendMessage(replyToken, '画像を送信してください')
  }

}

// 送信された画像を保存 imageSave()
function imageSave(replyToken, lineUserId, data) {

  // LINEから画像取得 getImg()
  const imgData = getImg(data);

  // Googleドライブに保存 saveImg()
  const imgInfo = saveImg(imgData, lineUserId);

  // //「保存完了」とLINEにメッセージを送る
  sendMessage(replyToken, imgInfo);

}

// LINEから画像取得 getImg()
function getImg(data) {

  const IMG_URL = 'https://api-data.line.me/v2/bot/message/' + data.message.id + '/content';
  const HEAD = {
    "method":"get",
    "headers": {
      "Authorization" : "Bearer " + ACCESS_TOKEN
    }
  }
  const imgData = UrlFetchApp.fetch(IMG_URL, HEAD);
  return imgData;

}

// Googleドライブに保存 saveImg()
function saveImg(imgBinary, lineUserId){

  //GoogleDriveフォルダID
  const folder = DriveApp.getFolderById(GOOGLE_DRIVE_ID);
  //ランダムな文字列を生成して、画像のファイル名とする
  const fileName = Math.random().toString(36).slice(-8);
  //Googleドライブのフォルダに画像を生成
  const imageFile = folder.createFile(imgBinary.getBlob().setName(fileName));
  //「保存しました」としたメッセージを変数に代入
  const imgInfo = '保存完了!';

  //画像ファイルURL取得
  const imageURL = 'https://drive.google.com/uc?export=view&id=' + imageFile.getId();

  //画像ファイルにリンクでアクセスの権限付与
  imageFile.setSharing(DriveApp.Access.ANYONE_WITH_LINK, DriveApp.Permission.VIEW);

  debugImgLog(imageURL, lineUserId);
  return imgInfo;

}

// スプレッドシートに画像を保存 debugImgLog()
function debugImgLog(text, userId) {

  if ('' == text) {
    return;
  }

  const date = Utilities.formatDate(new Date(), 'Asia/Tokyo', 'yyyy-MM-dd HH:mm:ss')
  const userName = getUserDisplayName(userId)
  const userImg = getUserDisplayImg(userId)

  SHEET.appendRow([userId, userImg, userName, text, date]);
  // 日付順に並び替え
  const numColumn = SHEET.getLastColumn(); // 最後列の列番号を取得
  const numRow    = SHEET.getLastRow()-1;  // 最後行の行番号を取得
  const dataRange = SHEET.getRange(2, 1, numRow, numColumn);
  dataRange.sort([{column: 5, ascending: false}]);

}

// ユーザーのプロフィール名取得 getUserDisplayName()
function getUserDisplayName(userId) {

  const url = 'https://api.line.me/v2/bot/profile/' + userId;
  const userProfile = UrlFetchApp.fetch(url,{
    'headers': {
      'Authorization' : 'Bearer ' + ACCESS_TOKEN,
    },
  })
  return JSON.parse(userProfile).displayName;

}

// ユーザーのプロフィール画像取得 getUserDisplayImg()
function getUserDisplayImg(userId) {

  const url = 'https://api.line.me/v2/bot/profile/' + userId;
  const userProfile = UrlFetchApp.fetch(url,{
    'headers': {
      'Authorization' :  'Bearer ' + ACCESS_TOKEN,
    },
  })
  return JSON.parse(userProfile).pictureUrl;

}

// LINEにメッセージ送信 sendMessage()
function sendMessage(replyToken, replyText) {

  const postData = {
    "replyToken" : replyToken,
    "messages" : [
      {
        "type" : "text",
        "text" : replyText
      }
    ]
  };

  const headers = {
    "Content-Type" : "application/json; charset=UTF-8",
    "Authorization" : "Bearer " + ACCESS_TOKEN
  };

  const options = {
    "method" : "POST",
    "headers" : headers,
    "payload" : JSON.stringify(postData)
  };

  return UrlFetchApp.fetch(REPLY, options);

}

下図のように貼り付け

2か所のコードを書き変える

コード書き換え①

スプレッドシートに戻り URL指定の箇所をコピーします

AppScriptに戻り 8行目『記入②**********************』を削除
その部分に先ほどコピーした部分を貼り付けます

コード書き換え②

GoogleDriveにアクセス

https://drive.google.com/drive/my-drive

マイドライブ➡新しいフォルダ

フォルダ名は何でもいいですが、迷うなら のこるん_Images にして➡作成

のこるん_Images フォルダをクリック

URL指定の箇所をコピーします

AppScriptに戻り 12行目『記入③**********************』を削除
その部分に先ほどコピーした部分を貼り付けます

一旦保存しましょう~!! 少し休憩したら、次はLINEの設定です!!

LINE設定

LINEが入ったスマホを手元に準備し PCでLINEdevelopersにアクセス
https://developers.line.biz/

日本語を設定➡コンソール

68747470733a2f2f73746f726167652e676f6f676c65617069732e636f6d2f7a656e6e2d757365722d75706c6f61642f3338656232373765363836362d32303232303232372e706e67 (1123×306)

LINEアカウントでログイン➡QRコードログイン

QRコードをスマホで読み込み➡ログイン➡スマホで認証番号4桁を入力

下記を参考に進めていきます

68747470733a2f2f73746f726167652e676f6f676c65617069732e636f6d2f7a656e6e2d757365722d75706c6f61642f3661343366313337363438632d32303232303232372e706e67 (720×635) 68747470733a2f2f73746f726167652e676f6f676c65617069732e636f6d2f7a656e6e2d757365722d75706c6f61642f3932376434396138333665312d32303232303232372e706e67 (1384×607) 68747470733a2f2f73746f726167652e676f6f676c65617069732e636f6d2f7a656e6e2d757365722d75706c6f61642f3937633139393161313035642d32303232303232372e706e67 (1382×636) 68747470733a2f2f73746f726167652e676f6f676c65617069732e636f6d2f7a656e6e2d757365722d75706c6f61642f6236623562623330383538662d32303232303232372e706e67 (1100×565) 68747470733a2f2f73746f726167652e676f6f676c65617069732e636f6d2f7a656e6e2d757365722d75706c6f61642f3834653530313730626262382d32303232303232372e706e67 (1101×434)

LINE Official Account Managerをクリックします

68747470733a2f2f73746f726167652e676f6f676c65617069732e636f6d2f7a656e6e2d757365722d75706c6f61642f6531656633353030326634642d32303232303232372e706e67 (1327×559)

①~⑤の通りクリックします

68747470733a2f2f73746f726167652e676f6f676c65617069732e636f6d2f7a656e6e2d757365722d75706c6f61642f3762653263356135396230642d32303232303232372e706e67 (1099×626)

LINE Official Account Managerに戻ります
Messaging API設定からQRコードをLINEで読み込み 友達登録実施

下部に移動しチャネルアクセストークン発行 右アイコンからコピー

コード書き換え デプロイ

コード書き換え

AppScriptに戻り 5行目『記入①**********************』を削除
その部分に先ほどコピーした部分を貼り付けます
➡ 『保存』を忘れないように 気を付けてください

 

デプロイ実施

下記を参考に進めていきます

別ウィンドウが開きますので 写真の通り進めます

再びLINE設定~いよいよ完成!!

LINE設定その②

LINEdevelopersに戻りMessaging API設定の中の
Webhook設定の「編集」をクリック

先ほどコピーしたウェブアプリURLを張り付け➡更新

Webhookの利用をON➡検証

「成功」が出ればOK
エラーが出る場合は直前の作業を繰り返してください

いよいよ完成!!

ここまでで登録できたら 動作環境を確認しましょう
①スマホの友達登録したLINEから画像を送付
②「保存完了!」という自動返信メッセージを待つ
③GoogleDrive内「のこるん_Images」に画像保存成功!!

先ほど送付した画像が入っていれば大成功!!
続いてGoogleスプレッドシートを確認します
保存情報がきちんと記入されていると思います(*^▽^*)

クラウドファンディングにも挑戦しました

作成したLINEBotを更に進化させて、家族の思い出を自動でアルバム化するWEBアプリを作成。クラウドファンディングにも挑戦し、沢山の方々に応援して頂きました!

みなさんもぜひ色々な記事を参考に、今後もLINEBotやアプリ開発を楽しんでみてください!
長文お読みいただきありがとうございました~!

https://camp-fire.jp/projects/view/528736